アカ・赤城 毅

2012年12月23日 (日)

天皇の代理人

11947006

☆☆☆+ 著者:赤城 毅 販売元:角川春樹事務所 発売日:2012/10/11

内容(「BOOK」データベースより)

日本・イギリス・ドイツ・スイスの4国で起こった戦前外交の秘史を追う、ふたりの外交官。4つの事件は真実なのか、つくり話なのか。ヨーロッパを舞台に秘密外交官の暗躍を描く、日本昭和史の物語。

老人の回想からスタートする滑り出しは、たまに読むとやはりわくわくする期待感に包まれます。で、この老齢で屈強な人物がワトソン役の津村書記官。

1929年からはじまる物語の時代背景には以前かなり嵌った事も有り、満州事変から太平洋戦争へと突入する中でのエピソードに心躍らせる。

そしてホームズ役とも言える砂谷周一郎の謎に包まれたプロフィールがいつ露見されるのか、本筋のミステリよりその一点に興味は移りました。

四話のパートの途中、居心地のいい銀座のバーで回想する津村と聞き手のやりとり。昭和末期という設定だが既に20数年経っていることに愕然とします。

読書メーター

  • mizzoの今読んでる本

最近のトラックバック

最新ニュース

参加しています

  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
  • blogram投票ボタン
  • 人気ブログランキングへ

mixi

  • mixi(ミクシィ)やってます!
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ