マキ・万城目 学

2010年8月13日 (金)

プリンセス・トヨトミ

プリンセス・トヨトミBookプリンセス・トヨトミ

著者:万城目 学
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆

内容紹介
女子になりたい中学生・大輔と彼を守ってきた幼馴染の茶子。彼らが暮らす空堀商店街に、会計検査院の調査官3人の手が伸びる。

冒頭の出張する調査官三人のやりとりから、かなり期待させられる何かがある...はずだった。キャラの立った面子に地元大阪の少年少女が絡みストーリーが動き始める。

がしかし、大阪国に総理大臣に王女に...どうも要領を得ない話だなあと思いながら読む。肝心の国民が決起するシーンのケーススタディの人数が多過ぎ(!)これには飽きました。

で、大事件であるはずの「大阪全停止」ということに対する説明や対処など端折られていますね。あれもこれもと詰め込んだ挙げ句、迷走しながらエンディングを迎えてしまった...そんな印象で読み終えました。

読書メーター

  • mizzoの今読んでる本

最近のトラックバック

最新ニュース

参加しています

  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
  • blogram投票ボタン
  • 人気ブログランキングへ

mixi

  • mixi(ミクシィ)やってます!
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ