シマ・島本理生

2010年7月24日 (土)

真綿荘の住人たち

真綿荘の住人たちBook真綿荘の住人たち

著者:島本 理生
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆+

内容(「BOOK」データベースより)
奇妙な恋、奇妙な幸せ。いびつで切ない下宿物語。

ほのぼの上京少年のラブコメ路線かと思いきや、微妙にずれるテイストがいいですねぇ。で、少しずつ真綿荘の住人の過去とかが明らかになる。けっこうディープな荷物をしょってる人もいるし...でないと小説としてつまんないか。

色んな形の愛し方や付き合い方がある。ということを改めて考えさせられる。それが押し付けがましくないところが救われていますね。ま、中には理解の範疇を超えたものもありますが。

ただ、残念だったのがキャラ的に感情移入するまでの人物が見当たらずですか。わたしはそこいらへん結構気にしながら読むタイプなので。ま、大家さんとその内縁夫が軸になってるストーリーということでいいのかな...どうでしょうか。

読書メーター

  • mizzoの今読んでる本

最近のトラックバック

最新ニュース

参加しています

  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
  • blogram投票ボタン
  • 人気ブログランキングへ

mixi

  • mixi(ミクシィ)やってます!
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ