ミチ・道尾秀介

2009年9月12日 (土)

鬼の跫音

鬼の跫音Book鬼の跫音

著者:道尾 秀介
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆


内容(「BOOK」データベースより)
心の中に生まれた鬼が、私を追いかけてくる。―もう絶対に逃げ切れないところまで。一篇ごとに繰り返される驚愕、そして震撼。ミステリと文芸の壁を軽々と越えた期待の俊英・道尾秀介、初の短篇集にして最高傑作。


このゾクッとする表紙の子どもの顔。ずーっと坊主頭かと思っていたのだが、よく見ると毛があった。しかも金髪。


『ケモノ』は、これまで色んな作家により既出のストーリーですね。最後のオチのところで、「またかよ」と思ったのはわたしだけではないはず。


『冬の鬼』の現在から過去へと時間を遡る日記の手法はなかなか面白かったな。意味もつながっていたし、それなりに新鮮に感じましたよ。


評判の良さげだった『悪魔の顏』は、足をもがれた昆虫たちがポストに投函されていたという所で読むの止めた。これは酷い。


他、『鈴虫』、『よいぎつね』、『箱詰めの文字』の六編収録。ホラーであると同時にミステリ的要素も楽しめるのがいいな。惜しむらくは、既読感のある話が幾つかあったので、ラストの展開が読めてしまった。そこんとこ残念でしたね。

読書メーター

  • mizzoの今読んでる本

最近のトラックバック

最新ニュース

参加しています

  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
  • blogram投票ボタン
  • 人気ブログランキングへ

mixi

  • mixi(ミクシィ)やってます!
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ