アヒ・我孫子武丸

2009年8月26日 (水)

弥勒の掌

弥勒の掌 (文春文庫)Book弥勒の掌 (文春文庫)

著者:我孫子 武丸
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆☆


内容(「BOOK」データベースより)
愛する妻を殺され、汚職の疑いをかけられたベテラン刑事・蛯原。妻が失踪して途方に暮れる高校教師・辻。事件の渦中に巻き込まれた二人は、やがてある宗教団体の関与を疑い、ともに捜査を開始するのだが…。新本格の雄が、綿密な警察取材を踏まえて挑む本格捜査小説。驚天動地の結末があなたを待ち受けます。


いやぁ〜久しぶりに「やられた」という愕然とした思いにつつまれました。あの『十角館の殺人』で味わった衝撃に匹敵するかも知れません。この著者の長編は今回はじめて読みましたが、さすが新本格ミステリ作家の雄として名を馳せるだけのことはあります。


教師と刑事のパートが交互に展開していく。途中で共同戦線を張ることになるのだが、そのままつづきます。新興宗教「救いの御手」というのが怪しいのは勿論ですが、そこから二重三重のトラップが著者により仕掛けられて・・・ネタバレを考えるとどうも感想が書きづらいですね。


全編を通して飽きさせない展開とキャラの立った主人公二人のおかげで、この先はどうなるのだろう(?)という引っぱりが効いています。あと「救いの御手」が物語におけるウエイトというか比重がさほど重くなく描かれているのもいい。あまりカルトな宗教色が全面に出てくるとテイストも違って来ますし。


で、こういうエンディングはわたし好きですね。後味の良い悪いは別にしてひとつの方向性を示しているし・・・そぐわない言い回しかも知れませんが、愉快な仲間(←この意味も微妙)といったところでしょうか。いや、やはりちがうかなぁ。


読書メーター

  • mizzoの今読んでる本

最近のトラックバック

最新ニュース

参加しています

  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
  • blogram投票ボタン
  • 人気ブログランキングへ

mixi

  • mixi(ミクシィ)やってます!
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ