フシ・藤野恵美

2009年8月17日 (月)

ハルさん

ハルさん (ミステリ・フロンティア)Bookハルさん (ミステリ・フロンティア)

著者:藤野 恵美
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆+


内容(「BOOK」データベースより)
(瑠璃子さん…今日はね、ふうちゃんの結婚式なんだよ。まさか、この僕が「花嫁の父」になるなんて…)ふうちゃんの結婚式の日、お父さんのハルさんは思い出す、娘の成長を柔らかく彩った五つの謎を。幼稚園児のふうちゃんが遭遇した卵焼き消失事件、小学生のふうちゃんが起こした意外な騒動…。心底困り果てたハルさんのためにいつも謎を解き明かしてくれるのは、天国にいる奥さんの瑠璃子さんだった。児童文学の新鋭が、頼りない人形作家の父と、日々成長する娘の姿を優しく綴った快作。


ひとり娘のふうちゃんの結婚式に向かうタクシーの車中、過去を回想する父親ハルさん。表紙イラストに描かれている名探偵の衣装を纏った幼稚園児のふうちゃんと手をつなぐハルさん。買い物帰りの仲睦まじい親子のワンショットだ。幼稚園児のふうちゃんの健気さにはすっかりまいりました。


幼稚園と小学生時代に一つずつ事件を経て、やがて中学生になったふうちゃん。投げやりな返事や素っ気ない仕草に一寸びっくり。反抗期というんでしょうか。そしてイジメ疑惑に対する亡き奥さん(←ハルさんが弱ると出てくる)の冷静な推理・・・きわどい描写の妙にやられましたね。このパートにおけるトラップは見事でした。


高校生となり、大学受験に励むふうちゃんが事故に見舞われるクリスマスの頃。その流れのある事件ではこの時期ならではのロマンチックなシーンは何と綺麗に描かれていることか。そして親子の絆も重たくならぬようにさらっと。この辺り児童文学で注目されている著者の温かな文体に癒されます。


で、結婚式の控え室でのふうちゃんとハルさんのやりとり。徐々に胸が熱くなってきますね。そのエンディングについてはまあ予想通りと思う反面、こんなんでいいのか(?)と多少心配になったりと・・・こういう親子関係もあるんだなということですね。

読書メーター

  • mizzoの今読んでる本

最近のトラックバック

最新ニュース

参加しています

  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
  • blogram投票ボタン
  • 人気ブログランキングへ

mixi

  • mixi(ミクシィ)やってます!
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ