アシ・芦辺 拓

2009年5月 6日 (水)

迷宮パノラマ館

迷宮パノラマ館Book迷宮パノラマ館

著者:芦辺 拓
販売元:実業之日本社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆


内容紹介
奇才・芦辺拓の単行本未収録の短編、ショートショート、小説以外の脚本類、さらには未発表の作品などをとりまぜてまとめた、一大バラエティ作品集。最初期の森江春策シリーズや上方講談のホープ・旭堂南湖氏のために書き下ろした創作講談……ミステリ、SF、ホラー、講談まで網羅した、前代未聞の“ひとり雑誌”とも言うべき1冊。レトロでシュール、スリリングでミステリアス、奇想天外な芦辺ワールド!


バラエティに富んだ「ひとり雑誌」の体裁が読書欲をそそる企画ものミステリ集。


『グラン・ギニョールの夜』、『読心術師』、『ブロードウェイの聖夜』の三編。
ショートショートだからこそ活きるシニカルなオチの鋭さは絶品だ。


名探偵森江春策の若き日の事件簿三話もよく練られた短編だな。
その『二つの扉』、『飛蝗亭事件』、『カイン屋敷』は著者十代の頃の作品。


「ミステリマニア諸氏に捧げる究極の探偵物語三連発」においては、
最早、ティーブレイクの余興と言う他はない位、コントの様相を呈してます。


『そして誰もいなくなった・・・はずだった』と『安楽椅子探偵の悲劇』は、
ある意味、後世に名を残す突っ込みどころ満載のナンセンス・パロディだと思う。


講談:江戸川乱歩一代記・・・って、何だこりゃ!?


かと思いきや、レトロSF冒険譚やラジオドラマやパロディ小説や・・・。
なるほど、色んな引出しを開けてみて、著者の狙いであった「闇鍋感」を堪能しました。


こういう本は手元に置いておき、気ままにナイトキャップ代わりに楽しむのがいいと思う。


2009年5月 3日 (日)

月蝕姫のキス

月蝕姫のキス (ミステリーYA!)Book月蝕姫のキス (ミステリーYA!)

著者:芦辺 拓
販売元:理論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆


内容(「BOOK」データベースより)
高校生の暮林少年は、なにごとも論理的に考えぬかないと気がすまないというやっかいな性格の持ち主だ。まるで、かの名探偵エラリー・クイーンのように。ある日、学校の近くで起こった奇妙な殺人事件。偶然巻き込まれてしまった暮林少年は、考えに考えるうちに恐ろしい事実に気づく。クラスメートのあの子が犯人だとすれば、すべてのつじつまが合うということに。しかし、静かな町を揺るがすさらなる事件が起きる…。本格的な謎解きの要素に満ちた叙情あふれるミステリー。


ごく身近なところで起きた事件が、やがて複雑怪奇なミステリとなっていく。
その過程がストーリーの中核を成しているみたいだ。


確かに、エラリー・クイーンの役割を全うしたであろう主人公の暮林くん。


警察、マドンナ役の娘、悪友、そして学校という配役と舞台設定を得ていざ。
と期待するも、スケールアップするでもなくちまちまと誘拐&追跡劇に終始したり。


何か、状況劇場の舞台劇を観ているような気がして来た。
大時代的な事件背景を語ったりして、どこへ導くのだろうかこの話を。


最後の方はホラー映画の様相すら呈して来た感じだな。
ここで、ようやくタイトルの趣向が解るというか、暖め過ぎです。


そう、あの明智小五郎と黒蜥蜴の構図を描きたかったのだ、きっと著者は。


本格ミステリを楽しむというより、学園ものサスペンスドラマに感情移入するといった感じかな。
どちらかといえば。

2009年4月26日 (日)

彼女らは雪の迷宮に

彼女らは雪の迷宮にBook彼女らは雪の迷宮に

著者:芦辺拓
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆+


内容紹介
このホテル、なにかがおかしい招待客が消えていく……
雪深い山間の一軒のホテルで女たちに狂気が忍び寄る。本格ミステリの名手が仕掛ける壮大なトリック――


閉鎖空間(クローズド・サークル)の代名詞といわれる「吹雪の山荘」のシチュエーションそのままの作品なのだ。


あまりにベタ過ぎですが、この手のストーリーには心躍ります。
そこに集結するキャストも強引にサクサク集めてみましたな感じが出てる。


おっ、お約束の舞台となる山荘の平面見取図が出て来た。


う〜む。最初のトリックは気づいた時点でどんでん返し食らいますね。
この騙され感というか、見事な手口に一杯食わされて逆に開き直りましたわたし。


そして、その後に判明するもう一つのトリックの大掛かりさには・・・多少呆れてしまいました。
こちらは、粗探しをすれば辻褄合わせに四苦八苦する所がかなり見受けられます。


がしかし、この表紙カバーのイラストにはそういう意味があったのか。


読書メーター

  • mizzoの今読んでる本

最近のトラックバック

最新ニュース

参加しています

  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
  • blogram投票ボタン
  • 人気ブログランキングへ

mixi

  • mixi(ミクシィ)やってます!
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ