ニレ・楡 周平

2009年4月 1日 (水)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京(上)Bookワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京(上)

著者:楡 周平
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京(下)Bookワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京(下)

著者:楡 周平
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆


内容紹介
「安田講堂攻防戦」の別れから30年。革命の志も理想も捨てた二人は、息子と娘の見合いの席で、運命の再会をする。1968年から1999年へ。二世代の男女を通じ、日本の上流階級の実像をあらわに描く、新世代の「華麗なる一族」の壮大なるドラマ!


持ってるものと持たざるものが同じ理想に向かい別の方法で闘っていくというのがベースのストーリー。
セクトうんぬんの話は基本的に興味ないのでその回想シーンは斜め読みになる。


息子に叶わなかった夢の実現を託す親のエゴ。託された息子は女性関係でオロオロ。
で、元カノは外資銀行員、婚約者は代議士の娘。この女の対決シーンは緊迫感ありました。


DNA鑑定で使われたトリックは正に悪魔的なアイデアだったな。


団塊パパ&ママたちに比べどうしてもひ弱さが目につくジュニア世代。
女性関係の始末や報復に対しての詰めの甘さがわかりやすく描かれてる。


三十年の時を経て、あれほど敵対していた権力の側に行ってしまいさらに執着するおぞましさ。
権力の内側に入り変革してみせるとの志こそ机上の理論でミイラ取りがミイラに。


内容紹介から東大紛争のトラウマをテーマにした壮大なドラマを期待したのだが。


やや不完全燃焼ながらまとめました的なエンディングでした。

2009年3月 6日 (金)

フェイク

フェイク (角川文庫)Bookフェイク (角川文庫)

著者:楡 周平
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆


出版社/著者からの内容紹介
コミカルタッチの拝金小説
大学を卒業したものの内定をもらえず、銀座のクラブ「クイーン」でボーイとして働き始めた陽一。多額の借金を返済するため、世間を欺き、大金を手中に収めようとするが・・・。コミカルタッチの拝金小説。


著者は初読みですが、ストーリーのテンポの良さもさることながら、

摩耶と同タイプの人を知っていますし、謙介の今風の軽さが文体に上手く

のっていました。


そんなキャストに共感しながら、あっという間に読み終えました。

近年流行りの(?)虚業で身を起てようという方、夜の世界でひとはな咲かせようと

いう方、失敗しないためのヒントがありますよ・・・。


つかの間の、エンタメ感を堪能するのにはうってつけの作品ですね。


読書メーター

  • mizzoの今読んでる本

最近のトラックバック

最新ニュース

参加しています

  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
  • blogram投票ボタン
  • 人気ブログランキングへ

mixi

  • mixi(ミクシィ)やってます!
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ