ノチ・野地秩嘉

2009年2月23日 (月)

キャンティ物語

キャンティ物語 (幻冬舎文庫)Bookキャンティ物語 (幻冬舎文庫)

著者:野地 秩嘉
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆☆


内容(「MARC」データベースより)
三島由紀夫、黒沢明、岡本太郎、加賀まりこ、坂本龍一、村上龍、森瑶子、林真理子…開店以来、きらめく才能が集う伝説的なレストラン・キャンティ。そのオーナーにして稀有な国際人と言われた川添夫妻と客達の青春を描く。


ご存知の方も多いと思います六本木キャンティ。飯倉にあります伝説のイタリアンレストラン。というより、老若男女きらめく才能が集った社交場といった方が正しいかも。そのオーナー夫妻の生涯と常連客との青春を描いたノンフィクション。


五木寛之、石原慎太郎、イブ・サンローラン、大原麗子、加賀まりこ、景山民夫、加藤和彦、加橋かつみ、かまやつひろし、黒澤明、堺正章、沢木耕太郎、篠山紀信、田中康夫、中上健次、ビートたけし、ピエール・カルダン、福澤幸雄、フランク・シナトラ、松任谷由実、マーロン・ブランド、三島由紀夫、宮沢りえ、安井かずみ・・・歴代、ごく一部の常連さんたちの名をあげただけでもこの面子。


それは「百年続いてこそ本物のレストラン」と語ったオーナーである川添浩史氏の経営センスと奥様であるタンタン(梶子)の魅力が集めた人脈という財産なのでしょうきっと。この本はそんな類い稀な食文化空間としての成功物語の証しなのだ。


キャンティは 「子供の心をもつ大人たちと、大人の心をもつ子供たち」のためにつくられた場所なのです。このコピーいつ目にしても眩しいなぁ。

読書メーター

  • mizzoの今読んでる本

最近のトラックバック

最新ニュース

参加しています

  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
  • blogram投票ボタン
  • 人気ブログランキングへ

mixi

  • mixi(ミクシィ)やってます!
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ