ウン・海野 弘

2009年2月17日 (火)

江戸の夕映

江戸の夕映Book江戸の夕映

著者:海野 弘
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆


内容(「BOOK」データベースより)
史実を超えた物語のたくらみの中江戸の庶民、職人、女性たちが生き生きと語り、つむぎだすまったく新しい「時代小説」傑作選。


江戸庶民の日常を生き生きと紡ぐ十九の掌編。


萩生徂徠の弟子の高野蘭亭という盲目詩人がかかえる大きな秘密とは。
『二人座頭』


女に振られてばかりな二枚目の狂歌師。その度に歌が残る悲しい性の『すき人』。

おもひきやむねにたく火をつゝみすぎて
恋のやみぢにまよふべしとは


苦学の末に身を成した武蔵野の老学者。『窓の老人』

堪忍をして其の跡のはちまきの
ぬけがらを見よ人の世の中


他『犬に噛まれた女』『泣かない遊女』『蕎麦切』『新選組はぐれ』
そして表題作の『江戸の夕映え』などが気に入りました。


「アールデコ」のエッセイストとして著者の本は以前より蔵書として収集していたのだが、「時代小説」を執筆しているとはつゆ知らずでした。連作小説集などもあるようなので、楽しみがまた一つです。

2009年2月 9日 (月)

ジャズ・エイジの街角

39872313
著者:海野 弘 販売元:冬樹社

☆☆☆☆


あとがきより
二十年代には、アール・デコといわれるスタイルが流行した。この時代の特色は、美術が孤立しているのではなく、ファッションや舞台芸術などに溶けこんでいることであった。


「アール・デコ」を最初に知ったのはコレクションで貰ったBIGIのポスター、それはカッサンドルが描いた有名な豪華客船の構図をアレンジしたものでした。それから、映画、小説、家具、食器や小物など「アール・デコ」の時代のものに傾向していきました。


本書はその時代の風俗を扱った名著としてタイトルを覚え、書店を探しましたが既に絶版となっていて、ようやく神田の書泉ブックマートで一冊だけあった在庫を手にしたという記憶が。


フィッツジェラルド、ヘミングウェイ、レンピッカ、ディートリッヒ、ガルボ、コクトー、ニジンスキー、シャネルなどキラ星の如く登場する時代の寵児たちが、世相や思想と共に興味あるエピソードをもって語られています。


新聞の段組みの体裁で、記事中に写真やイラストが配置された面白いレイアウトで飽きさせません。

読書メーター

  • mizzoの今読んでる本

最近のトラックバック

最新ニュース

参加しています

  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
  • blogram投票ボタン
  • 人気ブログランキングへ

mixi

  • mixi(ミクシィ)やってます!
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ