« ナオミとカナコ | トップページ | 房子という女 - SRO episode0 »

2015年3月14日 (土)

インデックス

9784334929770

☆☆☆ 著者:誉田哲也 販売元:光文社 発売日:2014/11/14

内容(「BOOK」データベースより)

池袋署強行犯捜査係担当係長・姫川玲子。所轄に異動したことで、扱う事件の幅は拡がった。行方不明の暴力団関係者。巧妙に正体を隠す詐欺犯。売春疑惑。路上での刺殺事件。終わることのない事件捜査の日々のなか、玲子は、本部復帰のチャンスを掴む。気になるのは、あの頃の仲間たちのうち、誰を引っ張り上げられるのか

池袋署で奮闘する玲子の地道な捜査が緊張感を煽る『アンダーカヴァー』ですが、ラストのオチには軽い衝撃を受けました。「ずっこける」と言う意味で。

『彼女のいたカフェ』の舞台となる大型書店とその中にあるカフェはよく利用します。この本の中でも「ほっこり」する話で玲子が警察官として歩み始める以前の様子が伺えます。

玲子と因縁のあの井岡の迷コンビぶりが見られる『インデックス』。理路整然とした推理が展開され地味ながらよく出来た話でした。

『夢の中』『闇の色』は連作となるストーリー。姫川班の再編に向けての根回しをはじめ、現在集められた新メンバーとの距離感と駆け引き、何やら二転三転しそうな姫川班の補充人事。

上層部の意向が働くのは仕方ないと思っていたら、最強人事権を発動するのは他ならぬ著者でありました。そしておおよその見当はついていたサプライズ。

« ナオミとカナコ | トップページ | 房子という女 - SRO episode0 »

ホン・誉田哲也」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1148984/59264371

この記事へのトラックバック一覧です: インデックス:

« ナオミとカナコ | トップページ | 房子という女 - SRO episode0 »

読書メーター

  • mizzoの今読んでる本

最近のトラックバック

最新ニュース

参加しています

  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
  • blogram投票ボタン
  • 人気ブログランキングへ

mixi

  • mixi(ミクシィ)やってます!
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ