« その女アレックス (文春文庫) | トップページ | インデックス »

2015年2月26日 (木)

ナオミとカナコ

9784344026728

☆☆☆+ 著者:奥田英朗 販売元:幻冬舎 発売日:2014/11/11

内容(「BOOK」データベースより)

ナオミとカナコの祈りにも似た決断に、やがて読者も二人の共犯者になる。望まない職場で憂鬱な日々を送るOLの直美。夫の酷い暴力に耐える専業主婦の加奈子。三十歳を目前にして、受け入れがたい現実に追いつめられた二人が下した究極の選択。「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」復讐か、サバイバルか、自己実現か。前代未聞の殺人劇が、今、動き始める。比類なき奥田ワールド全開!

帰って来たクライム・ノベルの奥田ワールド!今回は二人の女性が主人公となるのだが、かつての脇役・敵役にみられた「生理的にも嫌悪感を覚える」というような人物はいない。

ストーリー自体はすでにネタバレしているのだが、究極の選択ミッションを遂行するまでと、そこから完全犯罪成立なるかというスリリングな展開を楽しむ趣向でしょうか。

「ナオミの章」と「カナコの章」と進んでいくのだが、ストーリー上その時点で精神的に強い方の名前が冠されています。計画遂行前のナオミの強気と遂行後のカナコの精神力アップという具合。

いよいよ警察が動き出す終盤、二人のとった行動は。そして真相究明に執拗に絡んでくる(まぁ当然ですが)カナコの義妹の存在!ラストの一行まで果たして二人はどうなるのかと引っぱります。

自分が共犯の一味となって一緒に逃げている感というのは、やはり「女性読者」限定で響くものなのでしょうか。

表紙イラストどちらがナオミでどちらがカナコだろうか。カバーを外すとその答えが分かった。

« その女アレックス (文春文庫) | トップページ | インデックス »

オク・奥田英朗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1148984/59072971

この記事へのトラックバック一覧です: ナオミとカナコ:

« その女アレックス (文春文庫) | トップページ | インデックス »

読書メーター

  • mizzoの今読んでる本

最近のトラックバック

最新ニュース

参加しています

  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
  • blogram投票ボタン
  • 人気ブログランキングへ

mixi

  • mixi(ミクシィ)やってます!
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ