« スカーフェイス | トップページ | ゲンスブールと女たち »

2015年1月 3日 (土)

満願

9784103014744

☆☆☆ 著者:米澤穂信 販売元:新潮社 発売日:2014/3/20

内容(「BOOK」データベースより)

人を殺め、静かに刑期を終えた妻の本当の動機とは。驚愕の結末で唸らせる表題作はじめ、交番勤務の警官や在外ビジネスマン、美しき中学生姉妹、フリーライターなどが遭遇する6つの奇妙な事件。入念に磨き上げられた流麗な文章と精緻なロジックで魅せる、ミステリ短篇集の新たな傑作誕生。

『夜警』に描かれている若い警官ですが実際に居そうで妙にリアリティがあった。しかし拳銃管理はここ迄甘くないと思う。シンプルなトリックに辿り着くよう伏線もしっかり記されています。

「衝撃の一行」ではないが意表を突かれたラストにやられた『死人宿』。二段落としの結末はいつも必ずと言っていいほど見抜けない。そしてこんな旅館もどこかにあるのかも・・・。

美貌の母とその美しい二人の娘を描いた『柘榴』。母と娘のパートが一人称で紡がれる。娘たちの幼少時の健気さに心打たれるも、成長と共にギリシャ神話に例えたエピソードが秀逸。

まるで経済小説を読んでいるような錯覚を起こさせる『万灯』の骨太なストーリー。二人のライバル商社マンの対比と、これも「こう来るか」という落ちにある種の安心感を覚えました。

お年寄りの話には耳を傾けましょう!というテーマなのかと思わずにいられない『関守』でした。じわじわとその「正体」が判明した時には・・・という古典的パターンです。

タイトル作品である『満願』は下宿人の苦学生が弁護士になり恩人に借りを返すストーリー。おかみさんとの情緒あるやりとりが良い。トリックにはピンと来ないがおかみの「誇り」を感じる話。

以前読んで高評価とした『儚い羊たちの祝宴』に似た味わいのある短編集だがインパクトは薄め。あれほど各作品に統一感は無く、出来にもバラつきが見られました。

« スカーフェイス | トップページ | ゲンスブールと女たち »

ヨネ・米澤穂信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 満願:

« スカーフェイス | トップページ | ゲンスブールと女たち »

読書メーター

  • mizzoの今読んでる本

最近のトラックバック

最新ニュース

参加しています

  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
  • blogram投票ボタン
  • 人気ブログランキングへ

mixi

  • mixi(ミクシィ)やってます!
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

無料ブログはココログ