« サクラ秘密基地 | トップページ | 昼下がり、ローマの恋 »

2013年5月 6日 (月)

キング&クイーン

06216223

☆☆☆ 著者:柳 広司 販売元:講談社 発売日:2010/5/26

内容説明

話題作「ジョーカー・ゲーム」を凌ぐ頭脳戦六本木のバーで働く元SP冬木安奈のもとにチェス世界王者アンディ・ウォーカーの警護依頼が舞い込む。依頼者は「アメリカ大統領に狙われている」というが……

冒頭のバーでの世俗的な会話などすんなりストーリーに入れます。がしかし、読みやすさというか多少の違和感を覚えるのも確か。

元SP安奈と元チェス世界王者のアンディのキャラがもう少し立ってればなぁ…という残念なシーンが随所に出て来た。

『ジョーカー・ゲーム』シリーズで馴染んだスリリングな展開を味わえるものと期待していたが、やはり短編とは勝手が違うのかといったところ。

タイトルの意味が終盤になりわかるもいまいち弱い感はぬぐえません。まぁ、ほんの数時間で一気読み出来たのが良かったところか(笑)

« サクラ秘密基地 | トップページ | 昼下がり、ローマの恋 »

ヤナ・柳 広司」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キング&クイーン:

« サクラ秘密基地 | トップページ | 昼下がり、ローマの恋 »

読書メーター

  • mizzoの今読んでる本

最近のトラックバック

最新ニュース

参加しています

  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
  • blogram投票ボタン
  • 人気ブログランキングへ

mixi

  • mixi(ミクシィ)やってます!
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ