« 人質 | トップページ | サクラ秘密基地 »

2013年4月20日 (土)

SROV - ボディーファーム

9784122057678

☆☆☆+ 著者:富樫倫太郎 販売元:中央公論新社 発売日:2013/3/23

内容(「BOOK」データベースより)

本性を隠し潜伏生活を送っていた最凶の殺人鬼近藤房子が再び動き出した。巧みに変装しながら捜査の目をかいくぐり、残虐な殺人を重ねる。焦った警視庁上層部は、房子が執着するSRO副室長の芝原麗子を囮に逮捕せよと、室長の山根新九郎に迫るのだが

待望のシリアルキラー近藤房子が帰って来ました。前作では別のストーリーになってしまい肩透かしを食わされましたから。

で、読み始めて思い出す麗子のメンタルダメージの深さ。占いの館での一件にはゾクっとさせられる恐怖があった。まるでサイコホラーのようだ。

室長の新九郎が下手を打つも、その後ひょうひょうと大胆な行動に出て名誉挽回、かと思うとやはり弱い(笑)

今回一番カッコよかったのは坊屋久美子。まるでその場面にだけ必要だったと言っても過言ではない位。そこ以外でほとんど見せ場はなかったが。

ファームでの驚愕の光景はその昔に江戸川乱歩シリーズでお目にかかった記憶がある。しかしラストでこう来るとは全く予想外のエンディングでした。

そして次回さらに興味をそそるのが新九郎の見合い相手のあの女性ですね。

« 人質 | トップページ | サクラ秘密基地 »

トカ・富樫倫太郎」カテゴリの記事

コメント

新九郎の見合いに相手もまたホラーを感じますが(笑)
どうなんでしょうね~。
うまくいくのか?
それとも何かの罠なのかっ!!

ここだけの話、坊屋は逆に「スケープゴート」の役割かと思っていたんですよ。
一人だけヒラだし。
しかし・・・違ってました。
ごめんよ。坊屋。
そして、igaさん、一押しのハリーが何も活躍してなくて悲しかったです(笑)

>i g a i g a さん

想定ホラー見合い相手との進展具合が次回作の焦点ですね(笑)
そーだ、隊長一押しのハリーでしたね!
今回は坊屋に一瞬遅れをとってしまいましたね〜残念(≧▽≦*)
まぁ、「ガンマン」としての存在感だけでも充分役目を果たしてるかと...

でも気になるのはやはり尾形家のその後、というより尾形の身の振り方ですね。
このまま警察に居れるのか、もしかしてあのまま死んじゃうのか...妄想中です。

室長の見合い相手、私も何かの罠か?と思っているのですが、どうでしょうね~。そこも楽しみです。意外とあっさり結婚して幸せな家庭を築きました・・で終わる気もしますけど(苦笑)
坊屋の一人舞台でしたが、これまたあっさり配置換えですし、どうなるやら・・。まさかこれで出番は終わりですかね??
色々気になるシリーズです。

>DONAさん

そうですね、意外とあっさり婚でハッピーエンド!
しかしあの「鈴木花子」という名前の素朴さがどうも引っ掛かりますが...

そうそうせっかく上司の敵討ちと相成った坊屋ですが消えるには早過ぎる。
思い切ってスピンアウト作品でも書いて欲しいですね。
「うちのママは迷刑事」とかどうかな、、

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SROV - ボディーファーム:

» 富樫倫太郎「SRO5 ボディーファーム」 [読書リスト]
 富樫倫太郎 著  「SROⅤ 警視庁広域捜査専任特別調査室 ボディーファーム」  (中公文庫) 本性を隠し潜伏生活を送っていた“最凶の殺人鬼”近藤房子が再び動き出した。巧みに変装しながら捜査の目をかいくぐり、残虐な殺人を重ねる。焦った警視庁上層部は、…... [続きを読む]

« 人質 | トップページ | サクラ秘密基地 »

読書メーター

  • mizzoの今読んでる本

最近のトラックバック

最新ニュース

参加しています

  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
  • blogram投票ボタン
  • 人気ブログランキングへ

mixi

  • mixi(ミクシィ)やってます!
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

無料ブログはココログ