« 鉄の骨 | トップページ | 裂壞 »

2011年1月29日 (土)

七人の敵がいる

七人の敵がいる Book 七人の敵がいる

著者:加納 朋子
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆+

内容(「BOOK」データベースより)
PTA、学童、教師、夫に姑、我が子まで。上司より、取引先より手強いモンスターが次から次へと現れる!?困惑、当惑、そして笑いと涙の痛快PTAエンターテインメント!ワーキングママ、専業主婦に、育児パパ、そして未来の子持ち候補たち必読小説。

PTAに町内会に子供会に…この手の話題が出るのは苦手でしたが、恐いもの見たさと主人公ママの山田陽子のキャラのおかげで、サクサクと読めました。

会合で出しゃばったことは一言も言わず、けどその場の空気をコントロールしている岬さん。あと、人がいいだけに、あちこちで仕事を引き受けてしまう沢さんとか。

女子児童を贔屓するキモイ若手教師の嫌ぁ〜な事件もあり。そして、役立たずのパパと時には敵にもなる子どもを巻き込んでの騒動。いやはやネタには事欠きません。

陽子と似た者同士であり、最大の宿敵となるPTA会長。戦い終えてのエンディングでは、ちょっとした爽快感が味わえます。

そんなPTA小説でしたが、最初からぐいぐい引き込まれましたね。山田陽子の強烈なキャラがストーリーを牽引していきます。加納さんの小説では、珍しいタイプの主人公でした。

« 鉄の骨 | トップページ | 裂壞 »

カノ・加納朋子」カテゴリの記事

コメント

かなり面白かったです。
恋愛ものでなくとも、こういう作品こそ、大人の女性に向けたものだと思います。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

>藍色さん

主人公ママの山田陽子に共感したり圧倒されたり(笑)
サクサク読めました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1148984/38654221

この記事へのトラックバック一覧です: 七人の敵がいる:

» 「七人の敵がいる」加納朋子 [粋な提案]
PTA、学童、教師、夫に姑、我が子まで。上司より、取引先より手強いモンスターが次から次へと現れる!?困惑、当惑、そして笑いと涙の痛快PTAエンターテインメント!ワーキングママ、専業主婦に、育児パパ、そし...... [続きを読む]

« 鉄の骨 | トップページ | 裂壞 »

読書メーター

  • mizzoの今読んでる本

最近のトラックバック

最新ニュース

参加しています

  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
  • blogram投票ボタン
  • 人気ブログランキングへ

mixi

  • mixi(ミクシィ)やってます!
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ